商標登録を受けられる人は限られているのか?

商標登録は誰でも受けることができるのか?また、どんなものが商標登録として受けられるのか? - 商標登録を受けられる人は限られているのか?

商標登録を受けられる人は限られているのか?

jytyd
商標登録は拒絶される事由に触れなければ誰でも受けられます。自分と他人の商品やサービスを区別するという商標の性質上、識別力の有無や、すでに登録されたものと類似していないかどうかがポイントになってきます。
自分で出願するのであれば、具体的な条件を確認し、登録が拒絶されるリスクを最小限にしましょう。

<商標登録を受けられるもの>

細かな決まりごとは多いですが、識別力があり、他人の商標と区別できるかどうかが本質になります。商標権は商品やサービスの独自利用を担保するための仕組みであると覚えておけば理解しやすいでしょう。

個人か法人名義であるもの

個人か法人であれば商標登録できるので、拒絶される事由に触れていない限り誰でも出願できます。ただし法人格のない商店やネットショップなどは、名義として使用できません。

他人の商標と類似していないもの

商標は先に登録した者に権利がありますので、過去に登録されたものと同一または類似していた場合は申請を拒否されてしまいます。
出願するときは、自分が登録しようとしている商標と同じものや似たものがないかを事前にチェックしましょう。特許庁「電子図書館の商標検索」から検索できます。他人の商標の調査は登録を成功されるためのにはとても重要なプロセスです。

商品やサービスの内容を誤解させないもの

まぎらわしい名称は使わないようにしましょう。たとえば商品「ビール」に商標「◯◯カクテル」は使えません。

公益に反しないもの

差別的または卑猥であったり、法律で使用を禁止されている言葉は使用できません。

識別力があるもの

商標は本来複数の商品サービスを区別し、ビジネスへの信用を積み重ねるためのものなので、識別力のない商標は保護してもらえません。できるだけ明確な特徴を記載するよう心がけましょう。
拒否される事由としては次のようなものがあります。

1.普通名称を使用した商標

普通名称とは、特定の商品やサービスを指す名称ではなく、一般的に広く使われている名称であるものをいいます。たとえば、商品「靴」に商標「靴」はつけられません。

2.慣用されている商標

慣用されている商標とは、もともとは識別力があったが特定の業界で一般的名称として普通に通じるようになったものをいいます。すでに多くの人に使われている商品名は使えないので気をつけましょう。たとえば、サービス「宿泊施設の提供」に商標「観光ホテル」はつけられません。

3.品質や場所などを表示するだけの商標

品質や場所の名前は使用できません。たとえば商標「デラックス」「池袋」などは登録できません。

4.ありふれた氏名や名称の表示のみからなる商標

ありふれた名称は識別力がないので使えません。たとえば「佐藤」、「TANAKA」、「鈴木商会」などが該当します。
上記は一例ですので、より詳しい内容は特許庁のホームページで確認してください。

<出願前に登録が可能なのか確認しておきましょう>

個人か法人の名義であれば誰でも商標登録できます。細かい注意事項は多いですが、基本的には識別力があり、登録済みの商標と同一または類似していないかどうかがポイントになります。出願する際はしっかりと調査をしましょう。
出願してから登録までは約6ヶ月かかります。上記の条件に反してしまうと登録を拒否され、また1からやり直しになってしまうかもしれません。時間とお金を無駄にしないためにも商標登録ができる条件は覚えておいてください。

Copyright(C)2016 商標登録を受けられる人は限られているのか? All Rights Reserved.